l-カルニチンは体内で作られている微量成分で、エネルギーを得るために脂肪を燃焼させる機能に関わっているアミノ酸の一種です

脂肪はミトコンドリアという細胞に入ることで燃焼しますが、脂肪単独のままでは入りません

ミトコンドリアに脂肪酸を入れるには、l-カルニチンが脂肪と結合した状態になければならないのです

ダイエットを目指す人たちに脂肪燃焼を助けるl-カルニチンが求められているため、多くのサプリメントが販売されています

l-カルニチン以外にも、自然界には塩化カルニチン、アセチルカルチニンが存在しており、いずれもカルニチンです

l-カルニチンだけが脂肪燃焼の補助となり、他のカルニチンとは違います

サプリメント等で摂取せずとも、体内ではl-カルニチンがある程度生み出されています

従って、成長時や出産時以外はl-カルニチンを取り入れずとも普通は特に問題はありません

しかし、現代人の生活形態ではl-カルニチンは不足しがちで、10g/1日という合成量では足りないという話もあります

l-カルニチン不足なのは、女性や太りすぎの人に多いようです

サプリメントの摂取には、日に500mgのl-カルニチンが理想的だというアメリカの研究もあります

l-カルニチンはサプリメントで摂取する以外は肉を食べることで補給でき、マトンやカツオ肉には比較的豊富に含まれています