投資のKAWARA版が昨年12月から調査を開始し、
今年4月より一時業務停止となった「JEXPay」について、
新情報を入手しましたので共有させていただきます。

以下、情報提供者様より頂戴したメールを
一部抜粋して記載させていただきます。

=======ここから=======

私もJEXPayのトークンを購入(2017年11月)し、
当初1JEX=25ドルで、40JEX(11万円)購入しました。

現在も下記サイトにて、資産状況を確認出来ます。

deeply-ex.com/L6847/cs801/12351

現在は、70ドルに評価額が上がっており、
資産は2800ドル(30.8万円)になっております。

4月の3日に、例の返金する旨のメールが届き、
当初は4/28までに返金するとの事でしたが、
私が運営会社の「株式会社ルケルス 中尾 怜史様 」に
確認のメールをしたのがGW前。(4月30日)

そして返って来たメールには、

「本来28日までには全て完了する予定でしたが、
皆様の申告金額と照合しながら順次返金する作業に
時間を要しております。まだ3分の1ほどしか完了しておらず、
5月10日までには全て完了できるよう進め
ていますので、今暫くお待ちください」

との事で、5月10日まで待ちました。

その後、5月11日に以下のメールが届きました。

「度々の返金作業の遅延 誠にご迷惑おかけしました。
5月10日までには全て完了できるよう進めてまいりました。

この返金作業の遅れは 今年7月からJEX交換事業スタートに伴い、
一連の警告を受けてのスタート前に一旦全額返金するという作業と
事業は予定通りスタートするという点で弁護士との法的な見解で
時間がかかっていました。

一旦10日以降に 最終告知を別途 皆様にお知らせします。

予定どおり7月事業スタートし交換できなければ
全額返金の形で必ず皆様の要望に一番最善の形をとりますので、
今暫くお待ちください。」

別のICO案件を運営する会社に相談し、
そちらの方からも問い合わせをして頂きましたが、
弁護士からのアナウンス待ちだとの同じ回答を得て、
現在も、その弁護士からの発表はないままです。

再三、私から「株式会社ルケルス 中尾 怜史様 」へ
メールを送っているのですが、梨のつぶてで、音信不通状態です。

以上、JEXPayの現在の状況をお知らせ致しました。

=======ここまで=======

箇条書きにしますと、

・運営会社が4月に業務停止状態になった

・運営側は全額返金するといっているが、弁護士との
法的な見解により出金に時間がかかっているとのこと

・本来の市場公開予定月であった7月に
事業をスタートすることができなければ
必ず全額返金するとの連絡あり

・しかし、これらの情報はすべて一方的なものであり、
こちらから連絡を取ろうとしても音信不通状態

という状況です。

連絡が取れない状況とのことで、現段階では
JEXPayについてはどちらとも判断が難しいのですが、
弊社で調査を進めていったところ新たな疑問が浮上しました。

【金融庁から業務停止命令を受けていないのではないか?】

今年4月、JEXPayは投資をしていた方に対して

「金融庁から警告を受け、一時業務停止することとなりました。」

と伝えています。

警告の内容は「交換業の取得の有無」だった
との記載がありましたので、本当に警告を受けたのかを
探るべく金融庁の公式サイトをみてみたところ、
そのような記載はありませんでした。

警告レベルでは公表しない場合もあるので、
実際に金融庁に問い合わせてみたところ……

つづきは投資のKAWARA版正会員メールマガジンで。

※調査結果の詳細は投資のKAWARA版正会員様限定で
配信しておりますメルマガ内にてお伝えしております。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら