多くの方が悩まされる症状の一つに花粉症があります。

鼻水やくしゃみなど様々な症状を引き起こしますが、
ハイドロゲンEXの水素が効果的と知ったら試してみたくならないでしょうか。

実は花粉症が発生するのは
悪性活性酸素が原因と言われています。

というのも、花粉は体にとって異物ですから、
体の免疫機能は花粉を追い出そうと働きます。

白血球の中にいる食細胞が働くことで花粉症の症状が現れるのですが、
この食細胞は仮性酸素を排出する働きも持っています。

活性酸素が増えれば増えるほど
どんどん体の中で細胞のさび付きが始まります。

さらに、活性酸素が増えると
IgEというアレルギーへの抗体が減ってしまい、
花粉症はますます悪化するのです。

つまり、活性酸素が増えなければIgEは安定し、
アレルギー症状も起こりづらくなるということです。

水素には活性酸素を水に変えて体外に排出する力があるので、
花粉症にも結果的に効果があると言うことになるわけです。

⇒話題の水素+アップルペクチン&レスベラトロール配合―ハイドロゲンEX

 

水素なら花粉症の薬のような副作用がない

さらに水素のいいところは、
花粉症の薬と違って副作用がないことです。

人気の高いハイドロゲンEXは
豊富な酸素を体の中で発生させてくれるサプリです。

そして、ハイドロゲンEXは
天然由来成分から作られているので、
副作用はないと言われています。

花粉症で耳鼻科にかかると薬が処方されますが、
胃の不快感や眠気といった副作用があります。

眠気を日中覚えると、車を運転したり
危険な作業を伴う仕事をする人には厄介です。

それだけでなく、花粉症の薬は
だんだん効く時間が短くなってくるんですね。

すると、より強い薬を飲んだり、
服用する量を増やさないといけなくなったきます。

ですから、できるだけ薬に頼らずに
花粉症を改善したいと思う人が多いのです。

そこでハイドロゲンEXの水素を取ることで、
花粉症を引き起こす活性酸素が無害化されるので、
副作用の心配もなく花粉症対策ができるようになります。

また花粉症だけではなく、
ペットの毛やハウスダストなどのアレルギー反応にも
一定の効果があると言われていますよ。

もしあなたが春や特定の時期に
花粉症に悩まされているというのなら、
ハイドロゲンEXの水素を試してみてはいかがでしょうか。

 

ハイドロゲンexの水素濃度と成分について

今水素が大きな注目を集めていて、
たくさんのサプリメントや水素水が販売されていますね。

ハイドロゲンEXもその一つになりますが、
一体どのような特徴を持っているのでしょうか。

今回は、ハイドロゲンEXの水素濃度や成分、
そして効果的な飲み方などをチェックしてみました。

 

ハイドロゲンEXの水素は1カプセルあたり30㎎

ハイドロゲンEXは、
水素の力を実感しやすいサプリと言われています。

10日間試した人の実に77%が
「以前の自分と違う」と実感しているというのです。

なぜそのような違いを感じられるのかというと、
ハイドロゲンEXにはマイクロクラスター水素という
還元力の高い水素を1カプセルあたり30㎎含んでいるので、
体の中で水素が大量に発生するからなんです。

マイクロクラスター水素は
通常の水素よりも体の中で発生する水素量が多い
と言われています。

1日の摂取目安量が3カプセルですから、
1日当たり90mgのマイクロクラスター水素を
摂取できることになるわけです。

 

他の水素サプリとの成分の違い

ハイドロゲンEXには、他の水素サプリにはない
水素の働きを助ける次の5つの成分が含まれています。

■レスベラトロール
■ビタミンE
■アップルペクチン
■発芽玄米
■根昆布末

それぞれの成分をかんたんに説明すると、

レスベラトロールはポリフェノールの仲間で、
天然成分から抽出された還元物質です。

ビタミンEもポリフェノールや
水素と同じように還元作用があります。

この2つは活性酸素を還元し、
体にとって悪い作用を起こさないようにすることが期待できます。

それからリンゴ由来のアップルペクチンには
食物繊維が豊富に含まれています。

多くの方がご存知のように
食物繊維は便秘の予防改善に役立ってくれる栄養素です。

食前に取ることで血糖値の急激な上昇を防ぐ
ということで話題を呼んでいますが、

ハイドロゲンEXではアップルペクチンから
食物繊維を取ることができます。

それから、最近健康食材として注目されている
発芽玄米にはビタミン類や酵素が含まれています。

また、体の機能を調整する根昆布末はミネラルが豊富で
体全体のサポートをしてくれる成分です。

⇒話題の水素+アップルペクチン&レスベラトロール配合―ハイドロゲンEX