投資の“KAWARA”版.comで社名を変え、詐欺を働き続ける会社が特集されています。トラブル内容は「出金拒否」。というか、出金を申請すると一向に連絡が取れなくなってしまうそうです。

社名を変え、サービスの見せ方を変えて詐欺行為を働いているため、被害者が後を絶ちません。

現時点でわかっているだけでも、計8社の同一だと思われる企業があります。8社は見た目こそ違うものの、サービスの詳細、投資条件、WEBサイトの構成、集客方法、トラブル内容、その後の対応まで、異常なほど、共通しているそうです。

おそらく「クロ」でしょうね…この会社はとても危険です。特に、現在、投資を行っている人は、投資先が安全かどうか、KAWARA版に問い合わせてみることをオススメします。

無料投資情報共有サービス、投資のKAWARA版では、

・あの投資案件の運用成績は好調だ
・あそこの会社はダメだ、損失を抱えている
・あの会社は出金の際にトラブルが発生している
・この案件は悪いウワサが流れているから現在調査中だ

など、KAWARA版会員の実体験をもとに、投資会社や投資案件の実態を細かく調べあげ、判明した事実だけを会員全体で共有しています。

ですから、KAWARA版を無料購読するだけで、信用できる会社とそうでない会社をいち早く見分けることができるようになります。

「イチかバチかで投資先を選びたくない」
「現在の投資先に不安を感じる」
「これから投資をはじめようとしている」

という方はぜひ、KAWARA版を使ってみてください。

人数制限があるようですが、現在のところ、無料で利用することができます。

尚、今日ご紹介した「社名を変え、詐欺を働く投資会社の正体」は、KAWARA版のバックナンバーページで確認することができます。

KAWARA版に無料登録すると、メンバーサイトのID、PASSが届くので、メンバーサイトにアクセスし、バックナンバーページの[CASE.13]をご覧になられてみてください。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら