まぶたにたるみが出る原因が眼瞼下垂だったなら、まぶたの筋肉が弱いことがたるみの原因です

脂肪の重みでたるみが出ているわけではないので、切開法は使えません

保険の適応が可能であるだけでなく、眼瞼下垂の手術は眼科、整形外科などでも受けることができます

まぶたのたるみの程度が大きい場合には、切開式も同時に行ってたるみを取ることもあります

先天性と後天性の2種類の眼瞼下垂があり、先天性は生まれつき筋肉や神経に要因があります

一方、後天性とは、長い間パソコンの画面を凝視して目を酷使するなどの理由や、加齢などで発生します

今まで、後天性の眼瞼下垂の手術に対しては、挙筋短縮法という手術方法でたるみを治療しました

これは眼瞼挙筋の一部を切除するというものです

程度の重いたるみに対して、挙筋短縮法は効果がある方法です

ですが、眼瞼挙筋を切除する際にミューラー筋という交感神経と関わりの深い部分を傷つけかねません

最近では挙筋前転法が用いられます

まぶたの筋肉に問題がない場合は有効です

挙筋前転法によるまぶた治療は筋肉を傷つけず挙筋腱膜と瞼板とを再固定する治療方法です

施術には医師の技術、経験が必要とされます

そのため、後天性の眼瞼下垂治療には有効な方法ではありますが、この手術法を使っていないところもあります

まぶたのたるみ治療に挙筋短縮法を使っているというクリニックは数多くあります

しかし全てが正しい方式とは限りません

きちんと確認をしましょう