にきびを予防するには、毛穴の中でアクネ桿菌が増殖しやすい環境を作らないことが大切です。

きれいなにきびのない肌を目指すためには、毎日きちんと顔を洗うことです。

毛穴の中の汚れも確実に落とせる洗い方を習得しましょう。

毛穴汚れまで確実に落とす洗顔を続けることによって、ニキビに防止に限らず、健康的でみずみずしい肌もを実現することができるでしょう。

にきびを予防する正しい洗顔方法は、まずヘアキャップやタオルを利用して、髪が落ちてこないように、しっかりまとめます。

髪の生え際は汚れがたまりやすい場所ですから、しっかり洗顔しないと、にきびができやすいのです。

最初は手洗いからです。

手についている汚れを洗い流しましょう。

本格的に顔を洗う前に、1日1回くらいは顔に蒸しタオルでくるんで蒸らすことによって洗顔力がアップします。

毛穴からゆるんで汚れが落ちやすくなるからです。

ぬるま湯で素洗いしてから、表面の汚れを落とします。

手のひら、もしくは泡立ちネットなどを使い石けんをよく泡立てます。

額からこめかみ、鼻、小鼻の回りなど脂が分泌されやすい場所から順に泡を乗せていき、優しく洗ってください。

皮脂が分泌されやすいTゾーンは要注意エリアですから特に気合いを入れて、それからほおやあご、首筋を洗ってから水で泡を流し、こすらないように水気を拭いましょう。

洗顔は毎日漫然と行っている人が多いかもしれませんが、基本的な部分は押さえておいてください。

いずれにせよ、隅々まで念入りに顔を洗うということがニキビ予防の大前提です。

サボらず、習慣化させてきちんと顔を洗うようにしてください。