日焼け止めスキンケア商品は数多くありますが、日焼け止めクリームはその中でももっともよく使われるタイプです

数多くあるスキンケア商品は、今ではスーパーやドラッグストア、そしてコンビニでも簡単に手に入るようになっています

日焼け止めクリームは、紫外線を防止するための大切なアイテムですが、実にさまざまな種類の日焼け防止商品が出回っており、その分買い求めるときに注意しなければならないこともあるのです

まず日焼け止め用品にはSPFの値が必ず書かれてあります

シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を遮断する力を表しているのが、SPF値です

日焼け止めクリームなど何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことが出来るかという目安です

たとえばSPF値が2であれば、日焼けが始まるまでの時間を3倍まで延長できるということです

また、SPF値と同様に記されている数値があり、これがPA値です

このPA値は紫外線A波(UVA)を遮断する力で、+、++、+++という3段階で表されますが、紫外線A波は皮膚を黒くする上にしわやたるみの原因にもなるのです

また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう

肌を守るための日焼け止めクリームも、長時間つけていると肌へ負担をかけることになります

SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので、日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう