皮膚は紫外線にさらされて、赤くなり炎症を起こしたりすることもありますが、これが日焼けなのです

メラニン色素が皮膚表面に沈着することも日焼けといいます

日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、また紫外線の人工灯を使ったときにその照射が激しかったときに起こります

メラニンの保護能力が、皮膚に向けられた紫外線から守りきれなかったときに日焼けが起こります

このメラニンの保護能力の多さの問題により、肌が黒い人は白い人に比べて日焼けしにくいというわけです

日焼けが起きる最大の原因はもちろん紫外線です

紫外線には3つ種類があり、長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線に分けられます

日焼けを起こす紫外線は、発がん性物質をもたらすといわれているため、外で長時間日に照らされるようなときは、UV効果のある日焼け止め化粧品などを使ったほうがいいでしょう

日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですむのです

日焼け止めクリームには、たいてい日焼け後の肌のほてりを抑えるような効果も持っています

最近の日焼け止めクリームはスベスベしていて肌への感触もよく、のびが良い日焼け止めクリームも増えています

以前に比べればずっと塗りやすくなっているので、いつも持ち歩いてそのつどぬるようにすることをお勧めします