安倍政権終焉のカウントダウンが
始まっています。

「6月解散」

もささやかれ始めていますが、
本当にそれで何かが変わるのでしょうか?

「モリカケ問題」

は、確かに小さな問題ではありません。

しかし、

後手後手の対応を繰り返してきた政権も、
追及の手をゆるめない野党やマスコミも、

結論ありきのから騒ぎに夢中になるあまり、
多くのことを置き去りにしてしまっています。

「真の問題」は、こんなものでは
ありません。

日本は今、国内と海外の両方から迫る

「危機」

に挟み撃ちにされているのです。

海外を見れば、急展開の続く北朝鮮問題が
そうです。しかし、それに隠れた

「真の脅威」

もあります。

そして、世界的には周回遅れになりつつある

「グローバル化」

や、それにともなう異常な

「英語化」

も、急速に進んでいます。

そして、正しい対応ができず、進むべき
方向を見誤ったり、問題を放置してしまって
いる理由には、

「左右対立の嘘」

があります。

実は、左右双方が、戦後レジームの
呪縛に絡め取られているとしたら・・・?

「それがどうした?」

と思ったあなたこそ、報道では
知りえない、

「衝撃の事実」

を今すぐ無料で手に入れて下さい。

3週間で1万人以上が参加しています。
directlink.jp/tracking/af/1335064/yhbvtMq8/