仮想通貨のやり取りはウォレットを介してします。

ICOの場合には取引所のウォレットは使えないことが多いですから、自分のウォレットの作成からはじめましょう。

・ウォレット

仮想通貨をしまっておくところがウォレットですが、送金や受取にも使われます。

取引所で仮想通貨の取引をしている分には、取引所のウォレット、所謂ウェブウォレットで十分です。

しかしICOに参加して得られるトークンは、取引所で扱っていないのがほとんどですから、取引所のウォレットは事実上トークンの受取に使えません。

それ故、参加するICOが決まっているのでしたら、自分が管理しているパソコンやスマホにソフトウォレットを作るのが先決でしょう。

ソフトウォレットは仮想通貨の種類によって異なりますし、同じ仮想通貨でも複数のソフトウォレットがあります。

いずれにしてもICOが募集する仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムが多いですから、いずれかのソフトウォレットを作るのが普通でしょう。

・ICOが募集している仮想通貨の購入

ソフトウォレットの準備ができたら、ICOが募集している仮想通貨を購入します。

例えば、イーサリアムで払い込みして、その対価としてトークンを受け取るICOでしたら、イーサリアムのソフトウォレットを作ります。

そして取引所でイーサリアムを購入して、自分が管理するソフトウォレットに購入したイーサリアムを移動するのです。

すなわち、取引所のウォレットから、自己管理のソフトウォレットへイーサリアムを送金するわけです。

そうしますと、自己管理のソフトウォレットにイーサリアムのアドレスとそれに関連づいている公開キーと秘密キーが入っているはずです。

・ICOに送金してトークンを受け取る

目当てのICOのサイトには色々な情報が掲載されているはずですが、その中に募集中の仮想通貨名や受け取れるトークン名、それから送金先のアドレスなどが書いてあるページがあります。

アドレス名は長いですから、QRコードを併記しているのが普通で、送金する時にはアドレスのQRコードを読み取る方が確実でしょう。

送金側のアドレスがわかれば、自己管理のソフトウォレットから送るだけです。

送金後はトークンを受け取りますが、これは即時発行するところもあれば、後日になるところもあるようです。

トークンの受取は、一般的には上記のように自己管理のソフトウォレットでするのですが、これはICOによってマチマチのようですから、参加前に確認しておきましょう。

ソフトウォレットで受け取れるのでしたら、送金時に受取用のソフトウォレット内のアドレスを登録しておきます。

そしてトークンが送られてくれば、ソフトウォレット内にトークンが入っているでしょう。

以上がICOに参加する時の手順です。

受け取ったトークンは、将来の値上がり益を期待できますが、すぐに売れるのは稀だと言われています。

それ故、ソフトウォレット内のトークンや仮想通貨は、より安全なハードウォレットなどに移しておく方が安全です。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>