仮想通貨取引所への入金方法としては銀行振込が一般的な方法です。振込先の銀行と同じ銀行であった場合、入金手数料が安価で済みますので取引所が扱う銀行口座の使用がお勧めです。

・仮想通貨取引所でお勧めの銀行

仮想通貨取引所へ日本円を入金する場合、銀行振込が制限なく便利な入金方法です。

ペイジー入金などの場合は、一週間程資金の移動が出来ない制限がありますし、コンビニ入金は一度の入金が30万円程までの制限があります。

その為、一度に多額の資金を入金可能な銀行振込は、最も手数料が節約できる方法となります。

また手数料を考えた場合、出金入金ともに必要になりますが、同じ銀行であった場合手数料は割安になります。

ネット銀行で扱う銀行が同じである場合、24時間いつでも入金が即時反映されるという場合もあります。

手数料、即時性共にメリットが大きくなりますので、銀行口座がない場合口座開設を行っておいた方が良いでしょう。

特に入出金の回数が多くなると手数料の差額はかなり大きな差になります。
利用の際には少額と考えず、長い目で見て決めましょう。

・仮想通貨取引所の銀行への出金手数料の違い

仮想通貨取引所から出金する場合、3万円を境に手数料は異なる場合が多いです。

出金3万円以上である方が手数料は割高になるのですが、出金先と入金先が同じ銀行であった場合は違います。

同じ銀行であった場合、出金額が高額でも違う銀行同士で少額出金をした場合と同じ位の手数料になります。

通常の銀行の入金、出金手数料と比較し仮想通貨取引所の手数料は高額になりやすいです。

それだけに手数料を抑えることができれば、売買での利益は得やすくなるでしょう。

入出金の速度に関してはそう変わりありませんが、即時反映が可能な相性の良い銀行もあります。

・大手銀行の扱いが多い仮想通貨取引所

仮想通貨取引所が扱う銀行は、大手の銀行である場合が多いです。他の取引でも活用出来るケースもありますし、予備で作成しておくメリットもあるでしょう。

使用しなくなった場合、貯金用口座として活用するなど、大手銀行口座は使い勝手が良いです。

また口座を持っている人が多いことも、大手銀行を使用している理由の一つでしょう。

仮想通貨取引所は複数あり、安全性など高いレベルにある取引所が多い為、比較条件の一つとしてどこの銀行を使用しているかも条件になりやすいのです。

仮想通貨取引所で入出金する場合、その会社が扱う銀行と同じ銀行から入出金を選んだ方が手数料は割安になります。

使用されている銀行は大手である場合が大半ですので、予め口座を開設しておくと取引が便利です。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>