仮想通貨の取引所とはユーザー同士で売買を行う場所の事を指します。

一方販売所とは販売所を運営している会社が販売をしており、相手がいなくても売買が可能です。

・仮想通貨販売所のメリットと取引所との違い

仮想通貨販売所では会社が仮想通貨の売買を行っている場所の事を指します。ユーザー同士で売買の意思が不要であり、自動販売機を例にとる人もいますね。

取引所の方が安価に購入出来やすいですが、売りたい人がいない場合は買う事が出来ません。

ですが販売所であればいつでも購入可能ですので、価格が上昇し売りたい人がいないタイミングなどでは需要が高くなります。

仮想通貨価格が上昇をすれば販売所でも価格は上昇しますので、タイミングを見て購入しましょう。

一年中24時間売買は可能であり、タイミングを逃す事がないという点が販売所の大きなメリットです。

・仮想通貨取引所の場合は?

仮想通貨取引所では仮想通貨を好きな価格で購入意思を示すことが出来ます。

その価格で売りたい人がいれば売買は成立しますので、好きな価格の設定が出来るのです。

ですが実際には相場に合わせた価格での売買になりますので、その際の価格に近くなります。

販売所より安く購入可能であり、高く売る事が出来やすい場所になっており、ユーザーにはメリットが大きいですね、

ただ売りたい人、買いたい人がいなくては成立しない場所ですので、ユーザーが多い会社を選んだ方が良いでしょう。

金融庁に認可されている仮想通貨取引所はユーザーも多く、活発に取引が行われています。その為売買も激しく、流通量も多い為売買が成立しやすいです。

・仮想通貨取引所と販売所の違いとその他の取引方法

仮想通貨販売所では複数の仮想通貨が取り扱いをされている場合が多く、業者によって扱う通貨は異なります。

独自の仮想通貨やトークンを扱う業者もおり、特定の仮想通貨の将来性を見込みたい場合は扱っている業者で登録をしておきましょう。

逆に取引所ではビットコインのみを扱う場合も多く、扱っている仮想通貨は一種類となっています。取引所では仮想通貨の種類は少ないと思ってよいでしょう。

トレードの視点で多くの仮想通貨を買いと売りの立場から参加できる会社もありますが、FXシステムに近い感覚で売買可能な業者ですね。

販売所と取引所は売買の価格差も異なりますので、利益を得やすいと直感したポイントで売買をしていきましょう。

仮想通貨取り扱い業者は、多くが販売所と取引所の双方を運営しています。どちらで売買するかはメリットがあると感じた場所を選んでいきましょう。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>