仮想通貨取引所はその会社によってスプレッドに差があります。また同じ時間帯でも仮想通貨価格が異なる場合もあり、その差を利用する事も可能です。

・仮想通貨のスプレッド

仮想通貨の販売所では購入価格と売る際の価格に差額があり、スプレッドと呼ばれています。

このスプレッドの差額は取引所によって異なり、取引所ごとの特徴となっています。仮想通貨は動きが激しく、一日に10%以上価格の変動がある事も珍しくありません。

その為スプレッドも広めに設定しており、一般的にスプレッドの差が狭い取引所である方が利益を得やすいです。どこの取引所を使うか悩んだ場合、選択肢の一つとしておきましょう。

基本的に仮想通貨のスプレッドは価格が高い程差額も大きくなりますので、購入して即評価額はマイナスになる事になります。価格の動きを予測しつつ購入はしていきましょう。

・仮想通貨の取引所のスプレッドの違い

仮想通貨の取引所のスプレッドがある為、価格が急激に変化をしているタイミングでは大きく利益を得る場合もあります。

ただ2018年になってから、仮想通貨は上昇のみのシンプルなトレンドではなくなっています。

上昇と下落を繰り返すようになっており、一日の間でも短期的なトレンドは変わったりします。

価格が維持されているタイミングもありますので、取引所を活用し少しずつ差額を稼ぐ方法もあります。

ユーザー同士が売買可能な取引所は利便性が高く、価格も希望価格で購入可能な為便利な場所です。

ですが売買の希望者がいないと成立しないデメリットもありますので、注意しましょう。

・スプレッドを気にせずに買う方法

仮想通貨のスプレッドを気にせず購入する方法としては、ユーザー同士が売買を行う仮想通貨の取引所の活用があります。

ユーザー同士で売買を行う取引所では、希望価格で売買をする事が出来ますので、スプレッドなどはありません。

また基本的に仮想通貨取引所は販売所と取引所が併設してありますので、希望の場所を使う事が出来ます。

ですが取引所の扱う仮想通貨はビットコインのみの場合も多いですので、その他のコインを購入する場合は販売所しかありません。

仮想通貨の取引所は、システム上のみで取引を行うビットコインFXなどもあります。ここではレバレッジをきかせて資金の数倍のコインの売買も可能ですが、ハイリスクハイリターンになります。

仮想通貨の取引所で購入可能な仮想通貨は売買を行う際、差額であるスプレッドはどこの会社にもあります。

価格が落ち着いているタイミングでは、スプレッドの差額の大小が損益に直結しますので注意が必要です。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>