ホクロをレーザー治療によって取るというのはよく聞く話です

レーザー治療とは、ホクロに人工的に作り出した強い光をあてるものです

それによりホクロを取り除いていきます

その原理は細胞の中の水分に反応して蒸発させる仕組みです

「炭素ガスレーザー」とうのが、この水分に反応するレーザーで、このほかに黒い色素だけに反応するレーザーと組む合わせて、ホクロ取りを行います

さらにもうひとつ、「高周波発生装置」というものもよく利用されています

ホクロを電気メスで電流により発生した熱で蒸発させるもので、出血が無く、傷の治りも早いのが良いところです

どの治療も痛みはありません

局所麻酔をしてくれるからです

レーザー治療は顔にたくさんできている小さなホクロなどを取る場合に短期間で済むので適しています

また直径5ミリ以下の平らなホクロに最も有効だといわれています

レーザーでほくろを治療した場合の仕上がりですが、きれいに取れるのは直径3ミリぐらいまでです

また5~6ミリぐらいのものでも、1回の治療で半年後にはほとんど目立たなくなるといいます

治療の後はどんな経過になるのでしょうか

まず1週間程度でかさぶたが剥がれます

3ヶ月ほどすると、腫れ・赤みがひいて、1年程度で近くから見てもわからないくらいきれいになるでしょう

ホクロが深いと何度か治療を繰り返さなければなりませんが、通常5ミリ程度までのホクロであれば1度のレーザー治療で完全に取り除き、治療後の後も目立たなくなるでしょう

レーザー治療のメリット・デメリットを知ったうえで、自分に合った病院や治療法を選ぶようにするとよいでしょう