ベータグルガンは今話題の成分で健康に役立つといわれています

ベータグルガンについての研究は今もなお続けられており、アメリカや世界の大学や研究機関でベータグルガンについての発表がなされています

ベータグルガンは抵抗力を強くし、人が生まれつき持っている免疫力を高める働きがある成分だと考えられています

免疫力を高めてガンを予防、治療するという方法が注目されています

ベータグルカンのグルガンとは、ブドウ糖が多数結合した物質の総称で、アルファ型とベータ型があります

ベータグルガンと呼ばれるのは健康維持に役立つとされるベータ型で、グリコプロテインと呼ばれることもあります

ベータグルガン更に結合のパターンによって細分化されています

中でもベータ1.3Dグルカンというものが健康維持に役立つものとされているベータグルガンです

ちなみに紙の材料になるのが、ベータ1.4-グルカンというものでセルロースと呼ばれています

ベータ1.3Dグルカンのことを指すのが、単にベータグルガンというものです

ベータグルガンは主にパン酵母の細胞壁や、キノコ類の中に多く含まれています

キノコ類にはアガリスク、霊芝、舞茸、椎茸、ハナビラタケなどです

経験的にも昔からキノコ類に抗がん作用があることが言われていました

このベータグルガンの存在によって、キノコ類の抗がん作用があるということが判明したのです