ダニはアレルギーの元になるだけでなく、他にも人や犬猫などのペットに病気をもたらします

その中で、ヒセンダニというダニの一種が人にもたらす病気がありますが、これは皮膚の角質層内にそのヒセンダニが寄生してしまう感染症なのです

その疥癬(かいせん)という病気の症状とは、とにかく激しいかゆみがあることで、布団の中で体が温まったときなどに痒くなるのです

腕や脚、ほかの体の部分などに赤い小さなぽつぽつ、しこり、がさがさができることが特徴です

特に体の柔らかい部分に細長い線状の発疹が出来るのが特徴で、これを疥癬トンネルと呼んでいます

やっかいなことに、疥癬(かいせん)という病気は主に人から人へ、肌の接触で移っていくのです

寝具などをつたって感染することもあるために、最近では老人ホームや寝たきりの患者さんが感染経路になっていることも多くいようです

またペットがダニによってもたらされる病気、バベシア症は、犬がマダニに刺されると、バベシアという原虫が媒介され、それが犬の赤血球に寄生してしまうのです

バベシア症で赤血球を破壊された犬は、ひどい貧血になり、これが進行して重度の貧血になると、歯茎や舌が白っぽくなって血の気も無くなったり、尿が赤くなったりするなどの症状が現れます

幼犬や老犬では死にいたることが少なくありません

ダニによって発症するバベシア症の予防としては、マダニに噛まれる可能性のありそうな山や草むらに犬を連れて行かないことが一番です

また、ノミ・ダニ予防用の首輪やスプレーなどを使ってダニをよせつけないようにしたり、丹念にブラッシングして常にダニがついていないか見てあげることも大切でしょう