世の中の若い人たちは、今や男女の違いを問わず、その多くがもっとやせたいと願っているのではないでしょうか

テレビやグラビアで見るタレントさんに憧れたり、欲しい洋服サイズだったり、特に女の人はいつもそんなアンテナを張っているように思います

日本の女性は世界の中では、やせているという言葉にとても敏感で、他の国の人から見ると決して太っていないようなのに、やせたいと願っていることを不思議に思われているようです

そんな女性の願望に比例するように、世の中には様々なダイエットの情報があふれていますが、中には危険性があるようなものも存在しています

健康的なプロポーションが、本来の姿なのにも関わらず、氾濫するダイエット情報の中で何が大切なのかを見失っていることも少なくないようです

食べることは太ることだという一種の脅迫感が身についてしまい、病気につながるということもあるようです

食べてやせるということは、なかなかできないと思われてしまいがちですが、決して実行不可能なことではありません

自分が実際に太っているのかどうかを、はっきり数字に出して調べるために、BMI指数という肥満度指数を求める計算式を利用するといいでしょう

この計算式は、BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)で表され、これで自分の肥満度をはっきりと知ることができるでしょう

肥満度の判断の仕方は、20以下は痩せている人で、24以下は標準、26.5以下はやや肥満、26.8以上は肥満というように判断します

自分のタイプを理解したうえで、それに合ったダイエットの仕方を考えましょう

やせすぎは決して魅力的ではないということを、頭に入れておくようにしましょう