無茶なダイエットをするとその反動で急にたくさん食べてしまったり、また食べなくなったりすることがあります。

これはリバウンドというものです。

ダイエットによって心と身体のバランスが崩れ、ストレスが限界に達してしまうと自分自身でコントロールできなくなって必要以上に食べてしまうのです。

これによりダイエットをする前よりもさらに体重が増加することもあります。

またリバウンドの嫌悪感から食べたものを吐いてしまう人もいるようです。

急激に短期間で体重を数キロ落とすといった無理なダイエットはリスクがいっぱいです。

このように自分の心と身体に負担をかけてしまっては、せっかく痩せてもまったく意味がありません。

リバウンドを繰り返すことによって、食べることができなくなってしまいます。

そして太りたくても太れなくなって病院に通うというようなケースも実際には多いものです。

「食べる」ことを怖がることはありません。

食べることは楽しいことなのです。

仲間とワイワ楽しんだり、お酒もたまには良いのはないでしょうか。

そのような楽しみを削ってまでして痩せたとしても、まったく意味がないのです。

「食べる」事を楽しみ、内面を輝かせる努力をする。

そこに素敵なプロポーションや、着たかった洋服、ダイエットの成功が待っているのです。

途中でダイエットに疲れたら休んでもかまわないのです。

休んだからといって何キロも差がでるわけではありません。

また色々なテレビや雑誌などのダイエット情報に惑わされることなく、自分なりにダイエットの方法を見つけることが大切です。

自分の内面を磨いて綺麗になること。

そこに本来の美しさが備わるのです。