プロテインは、プロテインダイエットでおなじみの言葉だと思いますが、実際にどのような働きを持つものなのでしょうか

ダイエットによく利用されるプロテインですが、タンパク質の含有量によって2種類に分けられます

ひとつはたんぱく質が80パーセント以上含まれるもので、たとえばスポーツ選手が筋肉量を増やすときなどに使います

もうひとつは、たんぱく質の含有量がそこまで高くはないプロテインです

たんぱく質が少ない代わりに、ビタミンやカルシウム、鉄分などの様々な栄養素がバランスもよく配合されているものです

プロテイン代えととして使用するのであれば、たんぱく質含有量は低めでも、さまざまな栄養素が配合されているプロテインが向いているといえます

プロテインの中には、牛乳からガゼインと脂肪が取り除かれているホエイプロテインや、大豆を原料とする大豆プロテイン、それから卵白が原料のエッグプロテインなどがあります

ホエイプロテインは比較的味がよく、粉が溶けやすいのが特徴で、消化吸収も早いのですがアミノ酸が比較的少なく、牛乳でお腹をこわしやすい人には不向きです

大豆プロテインは値段が安く低カロリーですが、消化吸収が遅いのが短所です

エッグプロテインは比較的消化吸収が早く脂質が少ないのですが、卵の塩分でしょっぱさがあります

プロテインダイエットを行おうとするときは、このようなそれぞれの特徴を知っておくといいでしょう

そして自分の目的や体質、運動量に合ったプロテインを選ぶことで、プロテインダイエットが成功することになるでしょう