食事を低カロリーに抑えながら、さらに栄養バランスも考えたものにすることは、ダイエットを進める上で大切なことですが、それが毎日3度3度となると、結構大変なことでしょう

ダイエット用の食事の献立を立てる場合には、以下に記すようなことを頭に入れておいてください

おかずなどを盛り付ける場合に、大皿にまとめて盛ったりせずに、一人ずつ分けて盛ると、食べ過ぎることがありません

ダイエット時は味付けは薄味にし、そうすることでご飯の食べすぎを防ぎます

薄味にするためにはスパイスやハーブをうまく利用することが大切です

おかずの一品としてスープや味噌汁などを加えるようにするとのもポイントです

スープや味噌汁などはそれだけでおなかがいっぱいになりやすいので、さらにカロリーの低い海藻などを上手に使ってダイエット食にするといいでしょう

ダイエットにはやわらかいものよりも噛みごたえのあるものを食べるほうがよく、それは満腹感を得やすいからで、野菜を使うときでも根菜類を選ぶようにするといいでしょう

ダイエットの献立を立てるときは、ご飯とおかず、それから汁物などが少しずつ食べられるようにバランスを考えて組み合わせるといいでしょう

丼ものを作る場合は、器を小さめにし、普段自分が食べている量と同じ分だけを食べるように、ご飯も計るようにしましょう

1日30品目というのがダイエット中に摂りたい食品の数なので、これを目標に、できるだけいろいろな食材を選んで、また普段摂りにくい乾物や豆類も積極的に摂り入れて、献立を立てるようにしましょう

以上のようなことがダイエットの食事を作るときの大切なことなので、これをしっかり頭に入れてダイエットに励みましょう