今話題になっているセルライトには、冷え性・加齢・運動不足・むくみなどの実に色々な原因があげられます。

セルライトはとにかく血行が悪くなることによって生成されます。

その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や加齢だといわれます。

身体の「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなることにつながってしまうことがあります。

セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれています。

それは下半身の血行が悪いからなのです。

セルライトは脂肪細胞との関わりがその原因となることもわかっています。

脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、そして蓄積を行う細胞のことです。

人は体脂肪率が上昇すると肥満になるのですが、その原因は脂肪細胞の脂肪蓄積量の増加です。

そして脂肪細胞は細胞の数がいったん増えてしまうと、ほとんど減ることがないのです。

これが他の細胞と違うところです。

体重を減らして見た目は痩せても、体内は脂肪細胞が減らないということなのです。

そういうわけで継続的なセルライト除去の必要性があるということになります。

そして脂肪細胞というものは若いときだけではなく、ある程度の年齢になっても増殖することがわかっています。

大人の女性は運動不足になりがちですから、セルライトができやすいとうのもうなずけることです。

このようにセルライトの原因はたくさんあります。

これをふまえたうえで、セルライト解消の対策をしていく必要があるでしょう。