セルライトという言葉が最近テレビや雑誌などでよく取り上げられるようになりました。

このセルライトとはどういうものなのでしょうか。

脂肪の塊というのがセルライトの本来の意味です。

血行が悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えて脂肪細胞が肥大化します。

セルライトはこの脂肪細胞と老廃物が絡み合ってできたものです。

脂肪部分に厚みができてきて肌の表面がデコボコしてきます。

それがセルライトのできた証拠です。

「オレンジピールスキン」と呼ばれる、肌の表面がオレンジの皮のように見えるぐらいに症状が悪化することもあります。

ただし肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してきてからです。

一見何もないように見えて、実はセルライトが生成されていることがありますので注意が必要です。

普通のダイエットをするだけでは、セルライトの解消はできません。

きちんとしたセルライト除去のための対策をしなければなりません。

セルライトは女性に多いのが特徴です。

女性のだいたい80%くらいの人はセルライトがあるといわれていて、とくに皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいといわれています。

また、お腹や顔にできるセルライトもあることがわかり、最近話題になっているそうです。

血行が悪くなると発生しやすいので、運動不足になりがちな成人女性にできやすいといわれます。

セルライトを防ぐためにも日頃の運動不足を解消するようにしたいものです。