仮想通貨取引所で最も大切なポイントは安全であるかどうかです。
セキュリティが高い取引所でなければ、安心して取引を行う事は出来ません。

・仮想通貨取引所は安全性が第一

仮想通貨取引所は多額の資金を入金し、取引を行う場所です。取引している仮想通貨はデータ上でのもので、サイバー攻撃を受け成功されてしまった場合は、盗難のリスクがあります。

実際にある業者で億単位にもなる仮想通貨が盗難にあい、外国の仮想通貨取引所にて換金されてしまった例もあります。

オンラインにしたままであったり、パスワードが破られやすい状態である等セキュリティが低い状態ではリスクは跳ね上がるでしょう。

多くの仮想通貨取引所は、ネットからの攻撃から遮断できるようにオフラインのウォレットに仮想通貨は保管しています。

ですが一部の業者はオンライン上で管理をしていたり、そもそも顧客資金と運営資金を同一にしてしまっている場合すらあります。

そういった点はセキュリティ以前に問題ではありますが、銀行と異なり資金が保証される事はない事は覚えておきましょう。

・セキュリティが低い場合に起こるリスク

仮想通貨取引所は自己資金を入金し、初めて取引が開始されます。その為、仮想通貨取引所には多額の現金と仮想通貨が保管されています。

現金は銀行に保管してありますが、パスワードを破られる事で出金されてしまう可能性もあります。

銀行と同じレベルでのセキュリティが必要になるのですが、全ての取引所が高いレベルの状態にあるわけではありません。

仮想通貨が盗難された事件はここ数年で何件か発生しており、セキュリティを破られた事が原因です。

その場合、顧客の資金は保障されるかどうか、多くの場合は銀行と違い法によって守られていない為、保障されにくいです。

セキュリティが低い取引所に預けているという事は、資金が盗難リスクにさらされているという事と同じなのです。

・仮想通貨取引所のセキュリティ

仮想通貨取引所では仮想通貨をどう保管しているかが、大切なポイントです。

売買をデータのみで行っている場合もありますが、実物の仮想通貨を扱う場合はオフラインで保存されているコールドウォレットが使用されているかどうかがポイントになります。

またユーザーも必ず二段階認証は設定し、リスクは抑えておきましょう。仮想通貨取引所は大金が集まっていますので、ハッカーの被害を受けやすい場所です。

長期保管を考える場合は、自己のウォレットに移す事を考えておきましょう。

仮想通貨取引所は仮想通貨を売買する場所ですが、大切な資金を預ける場所でもあります。

セキュリティが高いという事は取引所選びの最低条件の一つとも言えますので、セキュリティについてどう対応しているかも確認しておきましょう。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>