76年前、日本とアメリカの戦争は始まりました。

そして、約3年8カ月にも及んだ総力戦の末、日本は国中の
都市を焼き尽くされただけでなく、2発もの原爆まで投下され、
敗戦に至ったのです。

占領期のGHQ(連合国軍総司令部)は、徹底的に我々
日本人に、開戦の罪を「教育」しました。

簡単に言ってしまえば「軍国主義化した日本が世界から
孤立し、無謀な戦争に突き進んだ」という物語です。

そのような側面があったことを完全に否定することは
できないかもしれません。

しかし、アメリカとの戦争を回避するために、
必死の努力が重ねられていたことも事実なのです。

ところが、アメリカ大統領・ルーズベルト(当時)は、

「絶対に日本と戦争をする」

という強い意思を持っていました。

彼は英国のチャーチル首相に、

「私は決して宣戦しない。私は戦争を造るのだ。」

と語ったと言われています。

【その真実】はこちらから
directlink.jp/tracking/af/1335064/hCIqcpD8/

なぜ、ルーズベルトは対日戦争を
起こさなければならなかったのでしょうか?

彼の背後には、その決定に大きな影響を与えた
勢力がいました。

それは、

【コミンテルンのスパイ】

です。

1995年に公開されたアメリカ合衆国の公文書

「ヴェノナ(Venona)文書」

で、戦前から戦中にかけて、ルーズベルト政権内には
コミンテルン(共産主義インターナショナル)の工作員
(スパイ)が多数いたことが暴かれました。

日本が対米戦を決意するきっかけとなった
「ハル・ノート」の原案を作成したのも、ソ連の北方領土
侵攻を決定した「ヤルタ会談」に大きく関与したのも全て、

ルーズベルト民主党政権内部にいたコミンテルンの「工作員」
だったのです。

【コミンテルンの正体】
directlink.jp/tracking/af/1335064/hCIqcpD8/

旧ソ連の組織・コミンテルン(共産主義インターナショナル)が
世界の共産党を支配下に置いた強大な組織であり、数多の謀略を
手がけていたことは史実です。

もちろん、コミンテルンとて万能ではなく、日米開戦の原因
全てをその謀略に帰することはできないでしょう。

それでも、彼らに「日米に戦争をさせる」という強い意図があったこと、
そのために様々な工作を行っていたことは間違いないのです。

そして、コミンテルンのスパイが世界に与えた影響が、現代の
日本をも呪縛し続けていると言ったら、あなたはどう思いますか?

今も、膨大なネットワークを駆使した情報収集・工作は、
間違いなく行われているのです。

あなたの身近にも、もしかしたら「工作員」は潜んで
いるかもしれません。

「コミンテルン・ハンター」が、真実を徹底的に暴いてくれます。

今すぐこちらをご確認下さい。
directlink.jp/tracking/af/1335064/hCIqcpD8/