生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が一番良い状態ですが、加齢とともにシワが出来てしまいます

シワも年齢によって異なります

皮膚の老化はだいたい20代後半からはじまるのです

そして年齢を重ねて出来るシワには年代によりそれぞれ特徴があります

一般に20代後半からシワが出始める人が多いようですよ

気になるほどではありませんが、法令線が目立つようになります

ケアを怠るとだんだんと深くなってしまいます

30代になると、筋肉の衰えにより、さらにシワが深くなります

特に目じりにシワが出来始め、これは笑いシワとは異なり、表情を戻しても消えないシワです

ついに40代になると、本格的に肌の老化現象がはじまります

その理由の1つとして肌成分コラーゲンの量が半分以下に減少してしまうのです

首やあごや、襟足にもシワができはじめ、さまざまの部分のシワができるようになります

普段良く使う筋肉ではないところにできるので、消えるどころか深くなる一方です

それから50歳代になると、部分的ではなく、顔全体

特に唇や口の周りまでもあらゆるところに細かいシワからはっきりとしたシワまで全体的にシワが現れてくるのです

シワは私たちの生きてきた証など言いますが、やはりいつまでも若くみられる肌でいたいものですよね

たとえ、歳をたくさん重ねた人でも、シワの少ないみずみずしい肌の人はたくさんいます

あくまでもこれは1つの目安で年齢とシワは比例しないのです

心から、若くいられること、シワができても「消してみせるわ!」という明るい希望をもてば、いつまでも若々しくいられるのかもしれません