体内でコンドロイチンが不足してくると、いろいろな症状を引き起こします

私たちが食事でとった栄養素は腸から血管に入り各細胞に届けられますが、その間にコンドロイチンとコラーゲンの層を通過するのです

栄養素を各細胞に送り込むためには、コンドロイチンとコラーゲンの層が固くなっていないことが大切で、それができていないと体細胞は老化することになります

細胞の老廃物も同じコンドロイチンとコラーゲンの層を通って排出されます

そのためコンドロイチンが不足すると全身の新陳代謝が悪くなってしまいます

コンドロイチンが不足してくると軟骨が弾力性・保水性を失うことになり、関節痛が引き起こされることになります

成長期にはコンドロイチンも体内で生成されるのですが、25歳をピークとして、体内での生成は少なくなり、その量が減っていくことになります

コンドロイチンが体内で生成される量が減少してくると、いわゆる老化が始まって体にトラブルを起こすことになります

コンドロイチンの不足は耳を触ってみるとわかります

これは外耳が軟骨でできていて、本来とても柔らかいものであるこの外耳が硬くなっていたらコンドロイチンの不足といえるのです

コンドロイチンが不足していると、関節だけでなく肌や頭皮など全身の老化につながることになります

日ごろから意識的にコンドロイチンが不足していないか調べるようにし、体にトラブルが起きる前に対策をとるようにしましょう