突然ですが、あなたは日米開戦の真実を知っていますか?

日本海軍が1941年12月8日(日本時間)に真珠湾への
奇襲攻撃を行ったことから、大東亜戦争(太平洋戦争)は
始まりました。

わずか2日後の9日(アメリカ時間)には、新聞に

リメンバー・パールハーバー

という言葉が登場し、たちまちアメリカ全土を席巻します。

ルーズベルト大統領(当時)は、日本の行為を
「恥知らずな蛮行」、「騙し討ち」と激しく避難し、
国民の間に広がっていた「反戦ムード」をひっくり返しました。

しかし・・・

歴史は奇襲から始まったりはしません。

日本は関係改善を図るため、懸命に対米交渉を重ねていたのです。

しかし、譲歩を繰り返したにも関わらず、「ハル・ノート」を
突きつけられ、ついに開戦を決断せざるを得ない状況に
追い詰められてしまいました。

ここまでは、よく知られた史実です。

しかし、日米交渉による「戦争回避」を、確固たる目的を持って
「徹底的に妨害した勢力」がルーズベルト政権内にいたことを、
あなたはご存じでしたか?

 

その勢力を操った国は、「日米開戦」を実現させたことで、
「第二次大戦最大の勝者」になってしまいました。

答えを言いましょう。その勢力とは、

【コミンテルンのスパイ(工作員)】

です。

「コミンテルン」とはソ連の組織であった
「共産主義インターナショナル」のことです。

これは陰謀論ではありません。

「アメリカ合衆国の公文書」で明らかにされた真実です。

今、アメリカにおいても、第二次大戦に対する評価が
大きく変わってきています。

きっかけとなったのは、戦前から戦中にかけての
アメリカにいたスパイとソ連本国の秘密通信を傍受し、
それを解読した

「ヴェノナ(Venona)文書」

が1995年に公開されたことでした。

「ハル・ノート」の原案を作成したのも、ソ連の北方領土
侵攻を許した「ヤルタ会談」に大きく関与したのも全て、

ルーズベルト政権内部にいた

【コミンテルンのスパイ】だったのです。

 

コミンテルンは世界各国の共産党を支配下に置いた
強大な組織であり、数多くの謀略・工作を手がけていました。

その謀略が先の大戦に重大な影響を与えただけでなく、
現在の日本をも呪縛し続けているとしたら・・・?

・「ヴェノナ文書」が暴いたもの
・コミンテルンとは何か? その謀略とはどのようなものか?
・コミンテルンが日米開戦にもたらした影響とは?
・日本は戦前から「スパイ天国」だった?
・第二次世界大戦の最大の勝者=ソ連である理由
・共産党が目指した「議会制民主主義の破壊」とは?
・最もスパイとされやすい人物像とは?
・インテリジェンスの真の重要性とは?
・特定秘密保護法の問題点とは?
・スパイ防止法制定で問題は解決するのか?
・それでは、我々はどうすべきなのか?

これらの重要な真実を、

【コミンテルン・ハンター】

が暴いてくれます。

今すぐこちらをご覧ください。

【コミンテルンのスパイ】
directlink.jp/tracking/af/1335064/hCIqcpD8/