キャベツをざく切りや千切りにして、パンやご飯などの炭水化物の代わりに食べるダイエット方法があります

それがキャベツダイエットです

ダイエットの効果を得るには、嗜好さえ合えば良い方法かもしれません

キャベツを食べるときに、ドレッシングなどカロリーの高いものをかけてしまってはダイエットの意味がありません

その点だけは注意しましょう

ご飯などの主食の代わりにキャベツを食べるダイエット

それがキャベツダイエットです

キャベツには味をつけずに、他のおかずと一緒に食べるようにすることをおすすめします

ローカロリーのキャベツが主食の炭水化物の代わりになるということです

ですからこれはダイエット効果があるといえます

1日のカロリー摂取量が大幅に少なくなるからです

ひとつ注意点としてはおかずを少なくしすぎてしまい、キャベツダイエットがキャベツ断食に近いものにならないようにすることです

食事をする前にある一定量のキャベツを食べることによって、満腹中枢を刺激することができます

これはキャベツを食べるときにたくさん咀嚼するためです

その後の食事量が少なくても満腹感を得られるようにするというキャベツダイエット法があります

キャベツは食物繊維が豊富で、しかもそのシャキシャキした食感はしっかりかまないと飲み込めません

自然に咀嚼回数も増え、キャベツダイエットをより効果的にすることになるのです