仮想通貨取引所では仮想通貨の売買が可能ですが、取引所によって扱う仮想通貨は異なります。

その中でもビットコインやイーサリアムは必ずあり、その他は取引所によって異なります。

・仮想通貨取引所が扱う仮想通貨

仮想通貨取引所では、一般的に複数の仮想通貨を取り扱っています。仮想通貨の数は多く資金集めに使われるトークンなども含めると、膨大な数になります。

取引所で扱っていない仮想通貨は詐欺ではないかと思われる案件も多く、資金を集めておいてその後の進展がないケースも多いです。

また仮想通貨取引所で扱われるようになると、その通貨の価値は上がる傾向にあります。

ユーザー同士の売買が活発化する意味もありますが、信用度が上がる事が通貨の価値を高めるようです。

仮想通貨は目的に沿って作られており、ゲーム内で使う事を前提にしている通貨もあります。

投資対象として資金を移しておくだけではなく、その仮想通貨に魅力を感じるかどうかで判断して購入していきましょう。そうする事でより仮想通貨の魅力を感じられます。

・仮想通貨取引所での一般的な取り扱い通貨

ビットコインの他にビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップルなどが代表的な仮想通貨としてあげられます。

それらの通貨は売買が可能な取引所が多く、換金性も非常に高くなっています。

10種類以上の仮想通貨を扱っている場所もあり、単価もビットコインの数十万から100万円以上のものから数十円単位のものもあります。

コインの中には数十倍の価格になったものもありますので、今後の伸びしろを考えて安価な仮想通貨を選ぶ人もいます。

利益を得る為には仮想通貨の動きやニュースに敏感になり、アンテナを高くしていきましょう。

・仮想通貨取引所の選ぶポイント

仮想通貨を選ぶポイントとして購入したい仮想通貨があるかどうか、があります。

一部の取引所のみしか扱っていない仮想通貨も多く、魅力を感じる仮想通貨があるかは大きなポイントになります。

日本国内で金融庁に認可されている仮想通貨取引所は複数あり、どの仮想通貨を扱っているかどうかで考えても良いでしょう。

また、長い目で見ていく事も必要になりますので、一度購入したらしばらく維持する事も大切になります。

価格の上下が激しい仮想通貨は、価格を見て一喜一憂していると精神的にも不安定になりやすくなります。

判断する仮想通貨を絞る意味でも、選択可能な仮想通貨が少ない通貨を選ぶのも良いかもしれません。

取り扱いをしている仮想通貨の数が多い取引所である方が、選択肢は多くなりリスクの分散は行いやすくなります。

ですが最終的には扱いたい仮想通貨があるかどうか、魅力を感じる通貨があるかで判断しましょう。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>