様々な原因により発疹ができて炎症を起こす症状がにきびです

にきびと同じ症状ですが、思春期をすぎてからできるにきびを吹き出物といいます

主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります

にきびができるかどうかはその人の体質によるもので、皮脂腺の活発な人ほどにきびができやすいので、気をつけなければなりません

初夏や初秋の季節の変わり目が特ににきびのできやすい時期なのでケアも大切になってきます

ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特ににきびができますが、これは成長するにしたがって消えていきます

大人のにきびはストレスや乾燥、生活習慣の乱れなどが原因です

また便秘になると毒素が体内にたまり、それが体の表面にまでわたってにきびを作ってしまうこともあります

顔にいて余計な皮脂を食べたりもするという顔ダニが、にきびの原因になるという説もあるのですが、ケアを間違ったりしない限りは、顔ダニは普通は無害のはずなのです

にきびのケアは間違うと悪化させたりにきび跡を残すことになったりするので、正しいケアが必要なのです

にきびへの対処の仕方を誤ると、クレーターにきび跡ができたり色素沈着になったりします

正しい方法で肌を手入れし、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康でにきびもできないでしょう