「運用開始からたったの4日で口座の資金がマイナスになっていました。4日ですよ。たったの4日!思い出すだけで怒りしかないですよ。」

今回、投資のKAWARA版に情報提供してくれたのは、Tさん。

Tさんは●●という会社のFXシステムに投資して資金を失った被害者の一人です。
(名称はKAWARA版会員限定公開のため、伏せ字にさせていただきます。)

Tさんが●●を知ったきっかけは、ダイレクトメールだったと言います。情報感度の高いTさんは、気になった情報があれば登録して情報を取得していたようで、特にダイレクトメールには抵抗がなかったそうです。

Tさんに届いたダイレクトメールには、「1年で30%以上増える」という投資案件の詳細が記載されていました。興味を持ったTさんは●●に連絡を取ります。

そして担当者と何度かやりとりを重ね、悪い感触はなかったため、投資を決意。100万円ほどの資金を入金します。

それから4日後、突然、口座の残高が0円になっていたそうです。担当者に問い合わせても、「損失は運用上のリスクですから」の一点張り。

しばらくすると、担当者とも連絡がつかなくなってしまったそうです。詐欺だと思ったTさんは、弁護士事務所に相談。同様案件で複数の被害が確認されたため、裁判を起こすことになりました。

そして裁判の結果、●●の法人口座を差し押さえることができたのですが、そこには目を覆いたくなるような現実がありました。

どんどんと浮き彫りになる詐欺会社●●の実態に、驚きを隠せません。その驚きの実態とは…?

つづきは投資のKAWARA版.comで。

投資のKAWARA版.comの詳細はこちら