投資の“KAWARA”版.comで、顧客の資産を1週間で700万円から0円にすり減らしたという証券会社が暴露されていました。

その証券会社は、全国に複数の支社があり、会社も設立して10年以上、雑誌でも特集されるなど、傍目から見れば、とても真っ当な証券会社です。会社の知名度や社会的信用と、運用能力は別問題だという、良い例だと思います。

それはさておき、問題は、この証券会社の営業手法です。手法自体は電話で営業を行うという至って普通の方法でした。

問題は、どこでどのようにして、営業する電話番号をゲットしたのか?ということです。今回1週間で700万円を失ってしまった方は、全く投資経験のない方でした。

もちろん、今回運用を任せた証券会社の名前すら知りません。そこで、「なぜ、自社とも何ら繋がりのない、投資未経験の人間の電話番号を知っているのか?」ということを証券会社に確認してみたところ、ある衝撃の事実が発覚しました。

一般的に考えて「違法じゃないの?」と思ってしまうような内容です。一体、どのようにして証券会社は、電話番号をゲットしていたのか?

そして、法律の隙間を利用して営業を行った挙句、顧客の資産を一瞬で溶かした、無能な証券会社の実名とはなにか?

これから資産運用を行おうとしている方、すでに資産運用を行っている方は、自らが彼らの餌食になってしまわないよう、必ず詳細を確認しておくことをオススメします。

*ここから先は会員限定サービスですので、続きをご覧になられたい方は、KAWARA版に会員登録を行ってください。(無料です!)

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら