「運用開始から3ヶ月が経過したある時、ふと口座を覗いてみると、残高が4万円になっていました。」

そう語ってくれたのはKAWARA版会員のUさんです。Uさんは、●●というFX自動売買システムに150万円を投資したところ、3ヶ月で4万円にまで目減りしてしまったそうです。

Uさんは慌ててシステムの運営元に連絡し、理由を問いただしました。すると、「円安が原因で損失が発生してしまいました。運用上の損失に関しては責任を負いかねますので、何卒ご了承ください。」電話口で、そう言い渡されたそうです。

それでも納得がいかないUさんは、その後も必死に問い合わせを続けます。ところが、3度目のやりとりの後、急に電話が繋がらなくなったそうです。

昨日まで繋がっていた電話が不通となり、会社のWEBサイトも消え、口座も開けない。Uさんは頭が真っ白になったそうです。

そこで弁護士に相談し、調査を依頼。その結果、信じられない事実が発覚します。「自分が騙されていたことを知りました…」そのように語ってくれたUさん。

弁護士に調査を依頼した結果、判明した事実が3つあったそうです。調査の結果、判明した事実とは……

*ここから先は会員限定サービスですので、続きをご覧になられたい方は、KAWARA版に会員登録を行ってください。(無料です!)

投資のKAWARA版.comの詳細はこちら