今日本のタネが危機に瀕しています。

あなたの知らない間におぞましい現実は
あなたの口へと入っているのです。
覚悟のある方は、こちらをご覧下さい。
⇒世界クラスの専門家が暴露する健康の4つの現実

ここで暴露されるのは、
今、世界の人が食べているのは
遺伝子異常を利用した
タネから生まれた野菜の実状です。

戦後私たちは、便利さや
大量生産・大量消費のために
安全性を犠牲にしましたが、

実は、それがタネにも
反映されていたという
おぞましい事実が明かされます。

あなたは
「F1種」という言葉をどのくらい
ご存知ですか?

F1種は、
「雑種強勢」と「遺伝の法則」によって
一代限りにおいて出る、揃いの良さ、
生育速度、収量の多さを生かしたタネで、

急速に巨大ビジネスへと発展し、
いまや市場のほぼすべてがF1種です。

それに対して「固定種」は、
何世代もかけて土地の気候風土で
淘汰されてきたタネを指します。

家庭でタネを取っていた時代のように
最も自然な形で採られてきたタネが
固定種だと言えるでしょう。

しかし、時代が進むにつれて、
農家としては、少しでも収量を上げたい、
早く出荷したいと思うようになっていったのは
当然の流れで、

それをすべて叶えてくれるF1種は
急速に発展しました。

しかし、その中には、自然界に背いた
知るとちょっと気味の悪い技術も
使われていたりします。

そして問題なのは、そのことを
私たち消費者が全く知らないことです・・・

農業を席巻する、F1種(一代雑種)。

このF1技術が抱えるリスクに
警鐘を鳴らしている野口先生に聞く、

「タネを支配するものは世界を制する」
その真相とは?

固定種とF1種の決定的な違いとは?

F1を推し進めてきたのは誰なのか?
「硬くてまずい」F1種が、
これほどまでに普及したのはなぜなのか?

そして、

毎日、その野菜を食べていて、
私たちは大丈夫なのでしょうか・・・?

驚きを感じられることがあるかも
知れません。

しかし是非まずはここで常識を
覆される衝撃的な事実をご覧ください。

ご視聴はこちらから。

⇒世界クラスの専門家が暴露する健康の4つの現実